じゃかごには、以下に示す優れた特性があります。

 ■ 屈とう性(屈してたわむ性質)に富む
柔軟であり、地盤の変化に合わせてなじみます。
 ■ 多孔質である
空隙は大地の呼吸を妨げず、生物の棲みかになる他、水中においては流速の低減、水の浄化に効果があります。
 ■ 透水性が良い
背後の浸透水を速やかに排出して、土圧の増加を抑えます。
 ■ 経済的である
施工が早くて簡便であり、また、設計条件に合った材質の使用により、施工費、維持費が軽減できます。

 じゃかごは、JIS A 5513 じゃかごにおいて、構造・材質・寸法等が規格化されていますが、 さらに、これをもとにして、各種の製品が使用目的に合わせて開発されています。 ここでは、一般的に事例の多い製品について、参考構造図と特長をご紹介します。

円筒形じゃかご

円筒形じゃかご
円筒形じゃかご 参考構造図
  • 一般に平坦か緩い法面において、張り形式で使用されることが多い。
  • 多孔質構造であり柔軟性・透水性に優れる。
  【用途例】
    法覆工、根固め工、すり付け工
    水制工、ドレーン工

▲ ページトップ

パネル式角形じゃかご(パネル式ふとんかご)

パネル式ふとんかご
パネル式ふとんかご 参考構造図
  • パネル形式で構成されており、組み立てはコイルによる簡易な作業。
  • 中詰めは上蓋が開口するため、重機使用が可能。
  • 通称は、パネル式ふとんかご。
  【用途例】
    法覆工、根固め工、すり付け工、水制工
    床止め工、ドレーン工、土留め工

▲ ページトップ

二重ふとんかご

二重ふとんかご
二重ふとんかご 参考構造図
  • 土砂詰めタイプ。
  • 組み立てはコイルによる簡易な作業。
  • 中詰めは上蓋が開口するため、重機使用が可能。
  • 内張りの使用により、小粒径の中詰め材が利用でき、現地発生土では植生も可能。
  【用途例】
    法覆工、土留め工

▲ ページトップ

ドレンかご

ドレンかご
ドレンかご 参考構造図
  • 薄型・細網目タイプ。
  • 法面保護工や、堤防での浸透水を効果的に排水するためのドレーン工として使用される。
  • ブロックの裏込めとしても利用でき、裏込め材の流出防止に効果がある。
  • 網目が細かいことから、小粒径の中詰め材が利用可能。
  • 客土吹き付けの落ち着きがよく、植生も可能。
  【用途例】
    法面保護工、ドレーン工、裏込め工

▲ ページトップ

築堤マット

築堤マット
築堤マット(鋼材タイプ) 参考構造図
  • 大型吊り上げタイプ。
  • 製作後に、吊り上げ移動・設置ができるため、作業効率がよい。
  • 中詰めは上蓋が開口するため、重機使用が可能。
  • 吊りロープが付属したロープタイプと、枠線に鋼材を使用した鋼材タイプがある。
  【用途例】
    根固め工、基礎工

▲ ページトップ

大型ふとんかご

大型ふとんかご
大型ふとんかご(単体型) 参考構造図
 
 
大型ふとんかご(連結型) 参考構造図
  • 大型強化タイプ。
  • 枠線と網線の太径化により、強度と耐久性が大幅に向上。
  • 組み立てはボルト締めによる簡易な作業。
  • 中詰めはかご自体の強度により、仮設材なしで重機使用が可能。
  • 内張りの使用により、小粒径の中詰め材が利用できる。
  • 各ブロックが独立した単体型と、連結された一体型がある。
  【用途例】
    根固め工、すり付け工、床止め工
    ドレーン工、土留め工

▲ ページトップ